遊女の原画…

描きかけの遊女の原画。

ネオジャパネスクな感じに仕上げたいと思います。

江戸時代中期に完成したという日本の伝統的和彫り文化は、19世紀に入ると 飛脚、火消し、鳶、大工、馬丁、駕籠かき、漁師
、遊女などの職業を中心に一気に広まりました。

日本では古来から刺青を入れている身体は刀で切られないという言い伝えがあったため、身体を露出する危険な職業に就く人達の間でお守り代わりにもなるファッションアイテムとして親しまれてきた側面が有ります。