東アジア一帯に拡がっている蓮の文化

ロータス(蓮)を毛筆風の文様にあしらってみました。

蓮は泥の多い池や沼を好みますが、その葉や花は常に美しい状態を保つ事から、古代インドにて成立したヒンドゥー教では純粋さや善性の象徴とされています。

この文化はやがてシルクロードを通って中国や日本まで伝わり、「蓮は泥より出でて泥に染まらず」と格言も有る程、広く日本人に親しまれております。

蓮の花は多くのお客様が希望されるタトゥー&刺青の重要アイテムです。