仏画のタトゥーです。

20130122右側の虚空蔵菩薩に続き、もう一つ菩薩様を彫らせていただいております。

本日は筋彫りのみで終了です。次回は色を入れてゆきます。

江戸時代の武家の次男以下は「武家彫り」と言って、刀で切られぬようにするために菩薩様などをお守り代わりに彫る習慣があったようです。